タイトルでアクセスは伸びる?クリック率UPのタイトルをつけるコツ!

タイトルでアクセスは伸びる?クリック率UPのタイトルをつけるコツ!

タイトルはブログの顔とも言える重要な部分です。そんな大事なタイトルをその日の気分だったり、重要なものと捉えずに毎回適当につけたりしていないでしょうか。

タイトルはブログのクリック率に関わってくるためには欠かせないポイントです。せっかく書いた記事を多くのユーザーに確実に読んでもらえるよう、細かい部分まで意識していきましょう。

タイトルを変えるだけでアクセスは変わる?

タイトルを変えることによってアクセスも伸びるとよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか。「ユーザー」と「検索エンジン」の2つの目線から見ていきたいと思います。

ユーザーへの影響

ユーザーが最初に目にするのがタイトルです。いくら中のブログが高品質なものでも、タイトルを見たときにユーザーの興味を惹くことができなければ読んでもらうことはできません。

また、検索結果の画面には同じキーワードで対策をしている競合サイトも一緒に表示されています。そのため、競合サイトよりも目立ち、かつクリックしてもらえるようなタイトルにする必要があります。

このように、タイトルは「ユーザーがどのサイトを訪問するか」という段階における意思決定に、大きな影響をもたらすことが考えられます。

一番上に表示されている平凡なタイトルの記事よりもその下に魅力的なタイトルの記事があればユーザーは自然と魅力的な方へ流れていってしまうくらいにタイトルの力は偉大です。

検索エンジンへの影響

詳しくは次の段落で説明しますが、タイトルの適切な設定は検索エンジンへもよい影響を与えます。

タイトルに適切なキーワードが含まれているか、ページごとにオリジナルのタイトルが設定されているかなど、タイトルに関する部分が最重要とも言われています。

対策するキーワードによっては、タイトルを適正化するだけで順位に変動がある場合もあるようです。

タイトルとSEO

一昔前は、タイトルを適正化するだけで検索結果が大きく変わり、上位表示が狙える時代もありました。現在は、タイトルの適正化のみで順位が決まると言うほど強い効果は期待できませんが、それでも重要な要因であることに変わりはありません。

検索順位に対する影響は小さくなってはいますが、Googleにサイトの内容を伝えるという役割は以前と変わらず果たしています。

タイトルの適正化のためには対策するキーワードを含める必要がありますが、キーワードを組み込む位置も関係しているのではないかという説もあります。

正しいかは定かではありませんが、タイトルの最初の方にキーワードを組み込んでタイトルを作るケースが主流です。

ただし、キーワードによって適切なケースが違うことも考えられますので、対策するキーワードの検索結果を見て傾向を掴むようにしましょう。

魅力的なタイトルにするには

これまでは、適切なタイトルをつけることでどのような効果があるのかを説明しました。

考えるのに時間を要する可能性はありますが、難しいパソコンの操作は何一つ必要ありませんので、読んでもらえるタイトルにするために考え直してみてはいかがでしょうか。

そこで次に、魅力的なタイトルをつけるために気をつけることを解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

内容が伝わりやすいタイトルをつける

タイトルを決める際にもっとも大切なことが、「ページの内容がわかりやすく伝わるタイトルにする」ということです。キーワードのよっては難しい場合もあるかもしれませんが、一目見てサイトの内容がわかるタイトルが理想です。

タイトルを盛ったり、サイトの内容と全く違うタイトルにしてしまうとユーザーの離脱が早まってしまいます。

また、伝わりにくいタイトルだと、仮に一番上に表示することができたとしても、アクセスを集めるのが難しいです。

SEOを意識しすぎて無理やりキーワードを詰め込むのもよくありません。キーワードは自然な形でタイトルに組み込めるように心がけましょう。

ターゲットを明確にする

タイトルを魅力的に見せるために、タイトルの中でターゲットを明確にすることが効果的です。タイトルの最初に「初心者向け」や「○○な方必見!」などを加えます。

そうすることで、本当に読んでほしいユーザーの心を掴むことができます。書いてある記事の内容のイメージが湧きやすいメリットもあります。

具体的な数字を使う

タイトルに具体的な数字を含めるのも効果的です。説得力がアップすることに加え、こちらもまたイメージが湧きやすいです。「夏までに−5キロ!」や「作業効率20%アップ!」など、実現できそうな数字に設定するのがコツです。

あまりにもかけ離れすぎていると信憑性がなくなり、クリックされなくなってしまします。また、「おすすめ5選」などのようなタイトルをよく見かけるかと思いますが、これらのようなタイトルは、情報量の目安として活用されます。

「10選は時間がないから後で読もう」、「空き時間を考えると3選くらいがちょうどいい」などといったように、タイトルの段階でユーザーにその記事の規模感をある程度伝えることができます。

このようなタイトルのページはブックマークされやすい傾向にあるとも言われています。

まとめ

前述しましたが、タイトルはアクセスに結びつく大事な要素であり、SEO的な効果もあります。そのため、数ある中の1記事だとしても手を抜くべきではありません。

今回紹介した方法以外にも魅力的なタイトルにする方法はたくさんあります。数は多いですが、ひとつひとつはそこまで難しいことではないため、取り組んでいるうちに慣れていくはずです。

内部リンクやパンくずリストなど数々のSEO対策もありますが、その中でもタイトルの適正化は最も簡単です。

パソコンの知識がなくても簡単に対策ができる部分ですので、せっかく書いたブログを沢山の人に読んでもらうためにも、タイトルには気を配ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事

bnr-blog