コンテンツSEOとは?ユーザーに選ばれるコンテンツの考え方

コンテンツSEOとは?ユーザーに選ばれるコンテンツの考え方

マーケティング担当の人間であれば、「コンテンツSEO」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。

しかし、「具体的には?」と質問されると「コンテンツを増やして検索順位を上げることだよ」といったざっくりとした概要でしか答えられない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、そんなコンテンツSEOについて深く知るとともに、取り組むにあたって気をつけたい点などを解説していきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、「有意義なコンテンツを追加し、ユーザーに選ばれることで結果的に上位表示される」ことです。
冒頭部分で例に挙げた「コンテンツSEO=コンテンツを増やして検索順位を上げること」という概要は、決して間違いではありません。

しかし、本質を押さえた上で概要を説明するとすれば、コンテンツSEOとは「ユーザーに選ばれるコンテンツを追加し、サイトとしての価値を認められることで結果的に上位表示される取り組み」です。

前者と後者の違いは、検索順位の向上が「目的」なのか「過程・副産物」なのかです。SEO(検索エンジン最適化)の文字が入っていることから「検索順位を上げることこそが全て」だと思われがちです。

しかし、その考えをもとに取り組みを行ってしまうと、コンテンツSEOが持つ本質とズレが生じてしまう恐れがあります。

「上位表示を目的としたコンテンツ作成」という考え方は危険

「検索順位を上げることこそが全て」の考えのもと取り組みを始めると、多くの人は「上位表示のためのコンテンツ」を作るようになります。それはつまり、Googleのアルゴリズムを中心に考える、検索エンジン目線のコンテンツの作成になります。

もちろん、それが間違いというわけではありません。コンテンツはユーザーに読まれ、そしてコンバージョンに繋がらなければ意味が無いからです。まずは多くの人に読まれるために、Googleのアルゴリズムを理解・意識するのは正しい取り組みといえます。

しかし、あまりにも検索エンジン目線寄りのコンテンツを作ってしまうと、アルゴリズムが更新され上位表示の基準が変化した時に大打撃を被ってしまうリスクがあります。

さらにユーザーの目線を疎かにしてしまっているため、HPに残るのは誰にも読まれない上に、検索順位にも影響を与えないコンテンツばかり…という目も当てられない結果になってしまうのです。

従来のSEOとの違いとコンテンツSEOが持つメリット

─従来のSEOは「抜け道」、コンテンツSEOは「王道」

ここで、従来のSEOとコンテンツSEOの違いを把握しておきましょう。

Googleはサービス開始から10年以上にわたり、「検索クエリに対するキーワードの割合」や「被リンクの数」を上位表示のための大きな判断材料としてきました。

そのため、HPの本質的な価値を高める手間をスキップして上位表示させる「キーワードスタッフィング(対策キーワードを不自然に詰め込むSEO手法)」や「ペイドリンク(対価によって得られるリンクによるSEO手法)」といった「抜け道」的な手法が存在し、またそれはSEOの代名詞的なものとなりました。

しかし、2011年のパンダアップデート、2012年のペンギンアップデートを皮切りに、旧来のSEO対策手法は大きく形を変えていきます。

これらの大型アルゴリズムアップデートの直後は、「被リンクサイトの質を上げることでペイドリンクをナチュラルリンクに見せる」といった、まだ対策されていない抜け道を探ることで上位表示が可能でしたが、次第に大型アルゴリズムアップデートという概念も無くなり、日々何かしらのアップデートがされるように。

「昨日まではセーフだったのに、今日はアウト(ペナルティ対象化)」という、「抜け道」的な手法はリスクばかりが目立つようになりました。

そこで注目されるようになったのが、HPの本質的な価値を高めることで上位表示を意識するコンテンツSEOです。しかし、このコンテンツSEOも現在の「王道」的手法として扱われる前に、「抜け道」的な使われ方をされていた頃があります。

ペンギンアップデートが施行され、ペイドリンクが鳴りを潜める2013年頃から、「Googleはリンクだけでなくコンテンツも重要視している」という点に着目され始めました。

そこでSEOの主流はペイドリンクから「コンテンツの大量生産」にシフトします。このユーザー目線ではなく検索エンジン目線によるコンテンツを利用した「王道的に見せかけた抜け道」的SEO対策は、ペイドリンクに代わって一世を風靡します。

そしてこれを見兼ねたGoogleは、2016年にアルゴリズムアップデートを施行。通称「WELQ問題」と呼ばれ、この手法で上位表示を達成していたメディアサイトは順位を大きく落とす結果となったのです。

これらのアップデートを経て、コンテンツSEOの形は「ユーザーに選ばれるコンテンツを追加し、サイトとしての価値を認められることで結果的に上位表示される取り組み」に変化していきます。

コンテンツSEOがもたらす様々なメリット

これまでの「抜け道」的なSEOは、サイト運営側はアクセス増加や上位表示が得られるものの、ユーザーからすれば有意義な情報が手に入らず、Googleもユーザーからの信頼を失うという負の側面が大きいものでした。

一方の正しい形でのコンテンツSEOは、ユーザーからすれば望む情報が増え、Googleからすればユーザーが望む情報にアクセスできる確率が向上し利用者が増え、サイト運営側はアクセスやコンバージョンが増えて順位も向上…と、まさにwin-winの「王道」的なSEOなのです。

また、Google の技術の進歩には目を見張るものがありますが、その技術の進歩の目的は「検索ユーザーの目線に立ち、少しでも適切なコンテンツを正しい判断のもとに表示する」ということです。

「抜け道」的なSEOテクニックを駆使して上位表示したとしても、すぐにアルゴリズムの更新で順位を下げてしまい、コストパフォーマンスの悪い短期的な施策という結果に終わってしまいます。その点、「ユーザー目線でコンテンツを更新し、ユーザーのサイト運営を行うこと」は、長期的な目でサイト運営を行う上でも有意義なのです。

コンテンツSEOを取り組む上で大切なこと

メリットだらけに見えるコンテンツSEOですが、デメリットとして「意図した結果に繋げることが難しい」という点があります。そこで、少しでも理想的な取り組みができるように押さえておきたいポイントを解説します。

ユーザーニーズを押さえたコンテンツを作る

求められるコンテンツ・優良なコンテンツというのは、金太郎飴的に作れるものではなく、ジャンルや時期によってベストアンサーは違ってきます。

ただし、そのベストアンサーに少しでも近づくために、メインターゲット層の選定とターゲットユーザーの欲しがっている情報を調べることが大切です。

人々は一次情報(オリジナリティのある情報)を求める傾向にあります。もちろん、それを提供することができれば大きな強みのあるコンテンツとなりますが、情報が溢れている現在のウェブ上で一次情報を提供するというのはとても難しいことです。

理想はオリジナリティがあって的確なアンサーを提示しているコンテンツですが、それはあくまで理想です。その理想を追い求め、他サイトのコンテンツをコピーしてしまう、というのは控えるようにしましょう。

また、コンテンツの粗製濫造は既に紹介したWELQ問題などにつながってしまいます。ユーザーニーズを押さえたコンテンツを作る上で、自分達が提供できるものは何かを今一度確認することをおすすめします。

継続的に更新する

コンテンツの大量生産はリスクを伴うことを説明しましたが、かといってコンテンツの更新頻度が少ないということも避けるべきです。

継続的な更新は、そのジャンルの知識を更に深掘りでき、ユーザーの満足度を更に高めることができます。さらに継続的なユーザーの来訪も期待できるようになるというメリットもあります。

また、有意義なコンテンツの数は、イコールHPの価値と見なされます。HPの価値が上がれば上がるほど、Googleで上位表示されやすくなります。

どのコンテンツがどれほど人気なのかを把握し、改善を繰り返す

PDCAサイクルを回すことは、コンテンツSEOにおいても重要です。既にある程度の数のコンテンツを追加した時点で、Google Analytics・Google Search Consoleで測定すると人気のあるコンテンツ(順位や流入数、クリック数が良好)やそうでないコンテンツが出てくるかと思います。

その人気コンテンツの内容を改善・充実させることは、更なるユーザーの流入・順位向上につながる可能性があります。新規にコンテンツを増やすだけでなく、既に追加したコンテンツにも気を配るようにしましょう。

「コンテンツを更新→自然リンクを貰う→さらに流入が増える…」のサイクルができれば成功

ユーザーニーズを押さえた良質なコンテンツを作ることができれば、読んだ人から「他の人にも紹介したい」という形でナチュラルリンクやシェアを獲得できます。

そのリンクやシェアからも流入が増え、トラフィックが増えたサイトは上位表示されるようになり、更に継続的なリンク・トラフィックを獲得できる…というように、ポジティブなサイクルを作り上げることができれば、コンテンツSEOの取り組みは成功と言っていいでしょう。

まとめ

コンテンツSEOを成功させるコツは、「上位表示させる」という目的に没頭しすぎないという点です。

ユーザー目線を失ってしまえば、もしあなたが良質なコンテンツたりえる情報を持っていたとしても、誰にも読まれないコンテンツとなってしまいます。

「良質なコンテンツを作る」ことで、「上位表示」という結果がついてくる、という考えを忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事

bnr-blog