コンテンツSEOで集客をするために抑えておくべきポイントとは?

コンテンツSEOで集客をするために抑えておくべきポイントとは?

WEBサイトを運営するにあたり、アクセスを集めるというのは運営者にとって目指すべき目標であり、上手くいかないことも多いため、同時に悩みの種でもあります。

リスティング広告を利用すればアクセスは伸びやすいのですが、費用がどうしてもネックになってしまうことが多く、なかなか手を出せないことも多いのではないでしょうか。

また、アクセスを伸ばす方法として「SEO」が有名ですが、数ある施策のなかでも、最近は「コンテンツSEO」が注目されています。

そこで、今回は、コンテンツSEOに関して詳しく解説していきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOって何?

コンテンツSEOとは、ユーザーにも検索エンジンにも認められるような高品質なコンテンツを継続的に公開していく施策を指します。

Googleのアルゴリズムがアップデートされる度にコンテンツのオリジナル性やどれだけユーザーの役に立つかなどが重視されるようになってきているため、専門性があり、かつ有益なオリジナルのコンテンツの需要が高まっているのです。

また、定期的に更新し続けることでサイト全体のボリュームもアップすることでユーザーの目にとまる機会も増え、よりサイトへの流入が増える期待も持てます。

これらを通して、お問い合わせを増やし、売上につなげていくのが狙いです。

ですので、SEOにおける全く新しい施策というわけではなく、もともとあった考え方の中で、Googleのアルゴリズムのアップデートの傾向に対応していくためにより重要視されるようになったということなのです。

コンテンツSEOを導入するメリット

では、コンテンツSEOには具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

費用がかからない

コンテンツSEOを導入する上で一番のメリットとも言えるのが「費用がかからない」ということです。

リスティング広告をはじめとした広告への出稿とは違い、自然検索での表示を狙うSEOであるため、業者に依頼するなどしない限りは費用がかかりません。

狙うキーワードにもよりますがリスティング広告などよりも効果を出せるケースも少なくなく、多くの誘導が期待できる場合もあります。

集客につながりやすい

また、コンテンツSEOは集客につながりやすいとも言われています。

コンテンツSEOで対策をするキーワードは基本的にスモールワードになり、検索数が少ない分、コンバージョンにつなげやすいのが特徴です。

コンテンツを増やしていく度に様々なスモールワードでのコンバージョンを上げることができれば、合計すると結果的にビックワードでのコンバージョンよりも多くなる可能性が高くなります。

また、複数のキーワードを使うスモールワードで検索するユーザーの方が、ニーズがより明確であるため、他のキーワードで流れてきたユーザーよりもいいお客さんになる可能性が高いです。

サイト全体のクオリティの維持

更新のないサイトはよい評価をされないため、サイトの評価を上げるためには更新頻度も重要だと言われています。

そのため、競合サイトの更新頻度とも関わってくるため一概には言えませんが、定期的な更新が、サイト全体の評価を最低でもキープし、より高品質なコンテンツを更新していくことでさらなる順位の向上が期待できます。

コンテンツSEOで成果を出すために

コンテンツSEOで成果を出すために、キーワードの選定や、タイトルの付け方など、様々な点に注意する必要があります。
より成果を出することができるよう、確実に抑えておきたいポイントを紹介します。

キーワードの選定

コンテンツSEOではスモールワードを狙うことは前述しましたが、スモールワード言えども、あまりにも検索されないキーワードを設定しても意味はありません。

ある程度の検索がされていながらも、他の企業が対策をしていないような穴場のキーワードを見つけることが理想です。

思いつくままにキーワードを洗い出してみるのも最初のステップとしては悪くありませんが、その際に「Google キーワードプランナー」などで、どの程度の検索があるか、競合性などを調べましょう。

タイトルの設定

キーワードの選定で検索する人がいることを確認したら、次はユーザーにコンテンツを読んでもらうためにどうすればよいかを考えます。

そこで最も重要なのが、タイトルの設定です。

ユーザーが知りたいことを検索窓に入れて検索をする「自然検索」において、コンテンツの中で最初に目につくのがタイトルです。
せっかく表示されたとしてもユーザーにクリックしてもらえなければ集客にはつながりません。

競合サイトよりも魅力的なユーザーを惹きつけるタイトルを設定する必要があります。

※タイトルの設定に関しては、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

注意点

もちろん、コンテンツSEOにおいて大事なことは上記の2つのみではありませんが、初心者の方には特に上の2つが重要ですので、ピックアップしてご紹介しました。

それでは次に、コンテンツSEOを行う上での注意点を解説していきます。

1記事にキーワードは1つ

何度も説明している通り、コンテンツSEOはスモールワードを多く用意し、それぞれをコンテンツにしていく施策です。そのため、「1記事に対しキーワードは1つ」が原則です。

1つの記事に対して複数のキーワードで対策をしてしまうと、記事のテーマも内容も分かりづらくなってしまい、ユーザーにも検索エンジンにも逆効果です。

また、そのような場合は、どのキーワードでも上位表示がされにくくなってしまいます。
ページの数を増やしていくことも立派なSEOですので、欲張らずに記事の更新をしていきましょう。

見出しの設定

タイトルと同様、見出しの設定にも気をつけなくてはいけません。見出しにもキーワードを適度に含めることは大事ですが、キーワードを意識しすぎるあまり、見出しが何を伝えているかわからないようでは意味がありません。

WEBのユーザーは基本的に記事を流し読みするため、見出しだけ見て興味のある部分だけ読むということが普通です。
ですので、可能な限り簡潔に内容が伝わるような見出しを心がけましょう。

まとめ

これまでに説明したように、コンテンツSEOは「費用をかけずに集客をする」ための施策です。

また、キーワードをニッチに絞り込む分、訪れるユーザーとマッチしやすいため、アクセスを集めることができれば、リスティング広告などよりも効果が出るかもしれません。

タイトルの設定や見出しの設定などに通じますが、「そのキーワードで検索したユーザーが知りたそうなこと」を考えて記事にしていくのが成功への近道であり、もっとも頭を悩ませる部分でもあります。

コンテンツSEOに限ったことではありませんが、やはりWEBで集客において一番に考えるべきことは、「ユーザーの視点に立って考える」ことなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事

bnr-blog