ビジネスマンが読書をするメリットは?読書がもたらす仕事への影響

ビジネスマンが読書をするメリットは?読書がもたらす仕事への影響

幼いころから「本をたくさん読みなさい」と言われてきた人は多いと思います。実際に仕事ができると評価されている人のほとんどは読書好きだというデータもあるそうです。

このようにメリットだらけの読書は、私たちビジネスマンにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。今回は読書に関する仕事のメリットについてまとめてみました。

目次

読書のメリット

発想力が豊かになる

活字でなくても漫画やアニメでも発想力は身に付くのでは?と思いますよね。もちろん漫画やアニメからでも学ぶことはたくさんあります。

しかし映像でなく文章の場合は、情景や人物の特徴を頭で思い浮かべなければなりません。文章を読みながら想像する作業は、自然と発想力が鍛えられていくのです。

発想力が豊かな人は、人の気持ちを考えて行動できます。発想力はビジネスシーンにおいても活用できるので、積極的に読書をしていきましょう。

語彙力が身に付く

読書をすることで今までに知らなかった言葉が自然と身に付くようになります。本を書いている人は言葉遣いのスペシャリストなので、読書から語彙力を学ぶことは充分に可能なのです。

語彙力が高まるということは、正しい日本語が使えるようになることです。正しい日本語で丁寧に会話をすることは、その人自身の印象もアップします。

もしあなた自身が言葉遣いに不安がある…という場合は読書をして語彙力を身に付けましょう。

ストレス解消につながる

その日に仕事でモヤモヤしていた気持ちが読書でスッキリさせることができます。正義の味方が悪党をやっつける話や切ないラブストーリーなどジャンルは何でもいいです。

あなた自身が実際に体験したわけではないけれど、読書を通じて経験したのかのような疑似体験ができます。

悪党が倒れる様子を読んでスカッとしたり、切ない恋心に涙を流したりすることは実際のストレス解消に繋がるのです。

読書がもたらす仕事へのメリット

質のいいアイデアが浮かぶ

新しいアイデアを生み出そうと思ったら、まずは豊富な知識が必要となります。その豊富な知識は読書をすることで得ることができるのです。

自分自身がこれまでに体験してきたことや読書で得た知識を組み合わせることで新しいアイデアが生まれます。もちろん知識量は多ければ多いほどアイデアの幅も広がるので、知識は蓄えておいても損はありません。

ビジネスで活躍の幅を広げるには、新しいアイデアを提案できるかも大切なポイントです。質のいいアイデアを浮かべるためにも、読書の時間を積極的に取り入れてみましょう。

コミュニケーション力が高まる

先述しましたが読書をすることは語彙力を高めます。普段から読書をする語彙力の高い人はコミュニケーションスキルに優れているのです。

ビジネスにおいて会話をするときも、相手が何を言いたいのかすぐに察知できる読解力にも長けています。もちろん反対に相手に何かを伝えるときにも分かりやすい表現を使ってくれるのも特徴の一つ。

読書をすると知識や発想力などのいわゆる「知性」といった内面が鍛えられるだけではないのです。言葉の表現力も向上し、「話しやすい」といったように周囲から好かれる人になれる効果が期待できます。

業務効率が上がる

読書をすることは考える力が強くなります。推理小説や恋愛小説など読んでいて「次の展開はこうだな」「犯人はあの人かな」と自然と考えることが増えるのです。

また読書は集中力を高める効果もあります。つまり集中力があって、次の展開を先読みできる。こういったことはビジネスの場においても活用できます。

「これをしておいたら早く仕事が片付く」「こっちを優先させないとトラブルになりそうだ」と読書を通じて的確な判断力が身に付くのです。

どんな本を読むのがいいのか

洋書

洋書を読むメリットは英語力が身に付くことです。英語を学ぶには英会話に通ったり、洋画を端から見たりという方法もあります。

しかし英会話はお金も掛かりますし、洋画を見るのもまとまった時間が必要です。洋書は図書館に行けばいくらでも無料で借りられますし、通勤時間を利用しての学習もできるので効率的。

他にも日本にはない海外の先進技術を学ぶこともできるので洋書はおすすめです。

ビジネス書

ビジネスの質をあげたいならビジネス書に頼りましょう。

ビジネス書のメリットについては人の成功例を学ぶことができる、仕事へのモチベーションが上がることが考えられます。

しかしその反面でどのビジネス書も同じ内容しか書かれていない、真似したところで成功するとは限らないといった意見もあるようです。

書店に行けば数多くのビジネス書がありますので、自分にピッタリのビジネス書を見つけられるようにしましょう。

小説

これから読書を始めていこうという人は小説から始めるのをおすすめします。ミステリーやファンタジー、恋愛ものやアクション系などいろいろなジャンルがあり、選択肢が多いからです。

活字が苦手という人も興味のあるジャンルから読んでみると、意外と楽しいかもしれません。長編物から入るよりは、一話完結になっているオムニバス形式の小説から始めてみましょう。

集中力が持続しない人でも、無理なく読書ができるはずです。

まとめ

読書にはこれだけ多くのメリットがあるのです。

読書をすることで人間性が豊かになることはもちろん、ビジネスにおいても非常に高い効果が期待できます。

もし仕事の効率や人間関係で悩んでいるようなら手短な本から読んでみてはいかがでしょうか。読み終わる頃にはきっと何か素晴らしいものを得られているに違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事

bnr-blog